FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューケラを2色植えで楽しむ

 ヒューケラにはたくさんの葉色があり、カラフルでとっても素敵なのですが、さあ、どうやって植えようかな?何と何を合わせようかな?とたびたび悩みます。これも素敵!あれもいい!と迷ってしまうのです。

そこで、シンプルに2色、つまり2品種だけで植えてみることにしました。そうしたら、雰囲気の異なる組み合わせがたくさんできたのです。今までは、少なくても4品種位入れて植えていたので、2~3通りの組み合わせしか出来なかったのですが、2品種にしたら、組み合わせの幅が広がりました。

今回はウォールジョイを使って、壁掛けに植えてみました。
・2品種で各3ポットずつ用意しました。
・グラスのスノードラゴンとアイビーを垂らして、イメージアップしました。
(スノードラゴンは上面の奥に、アイビーは上面から垂らすか、側面の一番下へ入れてみました。)
・1品種は、側面に2ポット上面に1ポット、もう1品種は、側面に1ポット上面に2ポットという配置です。

まだ植えてから1か月位です。現在生育期で生長が早い時期でもあり、ヒューケラは面を覆ってくれるので、仕上がりが早いです。なお、ウォールジョイの植え方は、3月4日のブログに詳しく載せてあります。参考にして下さい。

ヒューケラ・グレープソーダと、ヒューケレラ・ゴールデンゼブラです。ゴールデンゼブラを側面の両脇に2ポット、上面に1ポット、グレープソーダは、側面に1ポット上面に2ポット植えてあります。メリハリのある配色になりました。
20160528A.jpg


ヒューケラ・パプリカとヒューケラ・フリンジレモンです。はっきりとした色合いですが、ライム色とオレンジで爽やか感じになりました。
20160528B.jpg



赤いヒューケラ・ファイヤーアラームとローズ系のヒューケレラです。赤からピンクの配色でやさしい色合いになり、女性に人気がありました。
20160528C.jpg



ニュアンスのある葉色のヒューケレラ・オータムカスケード、切れ込みの深い丈夫なトレイルタイプの品種です。生長すると垂れてくる品種です。ライム系の品種は来年のNEWで、くっきりとブラウンの線が葉脈に入る品種です。
20160528D.jpg



とっても丈夫なヒューケレラ・サンライズフォールと、ヒューケラ・フォーエバーパープルの組み合わせです。濃い紫に爽やかなライム色はコントラストがはっきりしていて、社内でも人気のある組み合わせでした。
20160528E.jpg



濃い紫のフォーエバーパープルにオレンジのパプリカの組み合わせです。曇っていたのでオレンジがはっきり出ていませんが、実際はもう少しはっきりした色合いです。紫とオレンジ、合わなそうでしたが、一番好きな組み合わせになりました。ある方がこれも見て、「赤ワインが飲みたくなるような配色ですね。」とおっしゃいました。う~ん、そういえばそんな感じにも見えますね。
20160528F.jpg



この2色、2品種植えは、壁掛けだけでなく、コンテナ植えにも応用できます。コンテナなら2品種各2ポットずつ用意し、対面で植えるといいでしょう。中心にグラスを植えると、いい感じになります。コンテナのサイズは、24~27センチ位がおすすめです。
20160528G.jpg

植える場合の注意ですが、ヒューケラの品種は小型・中型・大型どうしがいいですが、小型種と中型種、中型種と大型種もまあOKですが、小型品種と大型品種の組み合わせは避けましょう。大型種が小型種を覆ってしまうからです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ガーデニング女子

Author:ガーデニング女子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。