FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューケラを、カラフルに、簡単に、寄せ植えを楽しむ、2016年早春

 ヒューケラを上手に育てている方もたくさんいらっしゃいますが、まだまだ育てた事がない方も多いようです。今回はカンタンで、きれいに見える寄せ植えを紹介します。

ヒューケラ類の販売は、昨年までは9cmポットが主流でしたが、今では7.5cmポットが多くなりました。寄せ植えやハンギングに植えるためには、用土部分が小さくなったので、植えやすいようです。反面、株張りが小さくなったので、早く大きくして楽しみたい方には不便かもしれません。そこで、小さいプランターに植えてみたら、案外上手くいきました。植えてすぐ見ても、まあまあの感じになっています。


2プランター植えてみました。家の前の日当たりの良い場所に置いてあります。実はすごく小さいのですが、画像で見ると、普通サイズの寄せ植えに見えますね。
20160207A.jpg



ヒューケラは、葉色が異なる3品種、出来るだけコントラストが素敵に見える葉色を選びましょう。カラーリーフは2ポット用意します。
20160207B.jpg
ヒューケラは、前面左から「エレクトラ」、「フォーエバーパープル」「ファイヤーアラーム」、後方のカラーリーフはシルバーの「コンボルブルス・スノーエンジェル」、銅葉のニューサイラン「ジャックスプラット」は草丈が30cm前後の低いグラスです。



画像のプランターは木製で白くペイントされた物で、かなり小さい物です。下にサイズを書きましたが、深さも10cmしかありません。近くのホームセンターでテラッコッタのような素材で、これ位の大きさの物が売られていました。もっとおしゃれな感じでした。今度はそれを買ってきて植えようと思っています。
20160208EE.jpg




ヒューケラは、左から「フリンジピーチ」「フリンジチョコ」「フリンジレモン」です。どれも葉の縁にフリルが入っている品種です。後方のシルバーホワイトのリーフは「ヘリクリサムコルマ」、左のグラスは「アコルス黄金」です。
20160207C.jpg

これなら、簡単に植えられて、いい感じに見える寄せ植えになりました。カラーリーフは9cmポットなので、角の土を落として植え、ヒューケラはそのまま植える事が出来ます。

その後、半年位経って大きく育ってきたら、大きいプランターにそのままの配置で植え替えれば、1~2年は楽しむ事が出来ます。これから植える場合は、初秋頃が植え替え適期です。夏の植え替えは避けましょう。この寄せ植えも秋に植え替えをしますので、その時の様子も又お知らせします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ガーデニング女子

Author:ガーデニング女子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。