FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センペルビウムの植え方と楽しみ方 その①

センペルビウムの簡単な植え方を紹介します。

普通の多肉植物は隙間がないほどたくさん植えてありますが、こんなにスカスカに空いていて、いいの?と思うでしょうが、大丈夫です。冬から早春植えの場合は、これでOKです。このまま1~2年間は植え替えをしないで楽しめます。
IMG_2650A.jpg
センペルビウムは冬の寒さに当たると、4月頃から(関東基準ですが)たくさんの子どもが出来て、見応えのある株張りになるのです。




テラコッタの大きさは、23cm×15cm、高さは12cmです。底に足が付いているので、排水が良さそうです。センペルビウムは葉色が異なる物を4ポット、空いている所に小物を置くと、株が大きくなるまで可愛い感じです。
20160112F.jpg
少し高さがあるので、鉢底石を少々いれました。
20160112G.jpg


苗の配置です。左から赤系の「ボロブノ」、今は黒っぽく見えますが春になるとグリーン系の「クラクフ」、次は赤系の「ティヒ」、一番右側はシルバー系の「ワルシャワ」です。葉色のコントラストを考えながら配置しました。
20160112H.jpg



用土は排水の良い物が適しています。半分位まで用土を入れ、苗をポットから抜き出し、角の土だけ取って並べました。苗下の用土で調整して、苗の高さが同じになるようにしました。後は空いている部分に用土を入れるだけです。
20160113B.jpg



水やりをして、中央に動物の小物を置いて完成です。
20160112A.jpg
センペルビウムは他の多肉植物より耐寒性が強い植物です。マイナス10℃位は全然大丈夫ですし、霜に直接当たってもOKです。

日当たりの良い場所へ置きましょう。多肉植物ですので、乾燥にはかなり強いですが、多湿を嫌いますので、用土がぬれている場合は水を控えて、乾いてから水やりをしましょう。日当たりが良い場所でも一週間に一度位で充分です。
(詳しい育て方は、2014年12月9日のブログに載せてあります。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ガーデニング女子

Author:ガーデニング女子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。