FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋色に染まる 寄せ植え ①


空は高く鰯雲がたなびき、空気が澄んで湿度が低くなり、ススキの穂が風に揺れ、夜の帳が下りるとひんやりした空気に包まれる・・・やっぱりこの季節が一番好きです。


・・・秋らしい雰囲気の寄せ植えを植えたくなりました。


やや渋い感じですが、気に入っています。アガスタチの花穂が風に揺れる様が秋らしく好きです。
20151005A.jpg
・後方に「アコルス黄金」 → 耐寒性が強い丈夫な品種、いろいろな寄せ植えに使い易い。
・真ん中は「アガスタチ・クドスコーラル」 → 秋遅くまで花が咲き、草丈が低いので寄せ植えに向く。
・後方の両脇は「ヒューケラ・ソーラーエクリプス」 → ブラウンブラックにグリーンの縁取りは、寄せ植えにかなり使い易い色合い。黒葉ではちょっときついかな?と思われる時に丁度良い葉色。
・前面左は「姫小菊バイオレット」 → 日当たりの良い場所へ置けば、関東なら冬も花が咲く丈夫な品種。
・前面真ん中は「ヒューケラ・ゴッサムシティ」 → 春にグリーンイエローの花が咲く。
・前面右は「ヒューケラ・フリンジレモン」 → ライム系のヒューケラでは丈夫な品種。



赤いケイトウをコルマで囲んで、メリハリのある可愛い色合いになりました。寒くなってケイトウがダメになったら、耐寒性の強いグラスなどに植え替えるといいでしょう。
20151005C.jpg
・後方は「ステッキー・ワインキャンドル」 → 野げいとうのような花穂が魅力的な品種。霜が降りるまで楽しめる。
・その前は「ヘリクリサムコルマ」 → ホワイトシルバーのカラーリーフ、耐寒性がかなり強く生育がゆっくりなので、寄せ植えに適する。
・前面は「姫小菊バイオレット」と「クロバーティントワイン」を交互に → 生育が早いクローバーは大きくなりすぎたら、掘り起こして半分にしたほうがよいが、秋植えなので来春まではそのままでもOK。



アガスタチにビデンスを入れたので、秋らしく華やかになりました。
20151005B.jpg
植えてあるのは、「アコルス黄金」 「アガスタチ・クドスコーラル」「アガスタチ・クドスゴールド」「ヒューケラ・ソーラーエクリプス」「ヘリクリサムコルマ」「クローバー・ティントルージュ」「クロバー・ティントブロンズ」「ビデンス・ゴールドジングル」

クローバーのブロンズは渋い味わい深い雰囲気の色合いで、けっこう気に入っている品種です。ビデンスの新色のゴールドジングルは従来品種よりオレンジ色に近く、華やかな花色になりました。

秋らしい色合いの寄せ植えをぜひ楽しみましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ガーデニング女子

Author:ガーデニング女子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。