FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は、良い年になりますように❕


明けまして おめでとうございます。

2015年、今年はひつじ年。羊のように穏やかに、平穏無事な年になりますようにと、願っています。昨年は2月の雪害から始まって、土砂災害、地震、噴火と自然災害に見舞われた一年でした。我が社でも雪害でかなりの面積の生産ハウスがダメージを受けました。一年間かかりましたが、何とか復興のめどがついてきました。これからも新商品の開発、植物の楽しみ方の提案を続けたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。


暮れに画像の整理をしていたら、ちょうど12年前のひつじ年、2003年の画像が目に止まりました。この頃はガーデニングブームが続いている頃で、多くのカラーリーフを生産していた時期でした。


12月中旬の画像で、年末年始に向けて、紅白のガーデンシクラメンとゴールドのカラーリーフを植えた壁掛けです。ダイコンドラのシルバーと、ゴールドのビンカミノールイルミネーション、そして中心の黒龍が全体を引き締めています。この配色はけっこう気に入っています。
PC143020.jpg



この画像は2003年10月の画像でした。カラーリーフだけの寄せ植えです。様々な葉色の違いと、葉の形の異なるカラーリーフを使って います。少々渋過ぎです。確か、中心に植えたベアグラスが後で大きくなり過ぎて困ってしまい、ハンギングにベアグラスは植えない方がいい、と思った記憶があります。
PA112789.jpg
ふたつの壁掛けは、ウォールジョイの壁掛け鉢を使っています。



コンテナに植えた寄せ植え。これもほとんどカラーリーフです。白いネメシアは、華というよりカラーリーフの引き立て役になっています。黒葉のアジュガの花が素敵です。
PA082760.jpg
カラーリーフが多いと渋い感じですが、私は好きですね。


2003年の頃は、毎年イギリスの庭園巡りをしていました。6月下旬に出発して、ヒースローでハーツのレンタカーを借りて、色々な庭巡りをし、最後にロンドンに戻りハンプトンコートフラワーショーを見て帰ってくるパターンが多かったです。最近は色んな事があり、ここ数年イギリスに行っていません。機会があれば、また行きたいと思っています。ウィズリーもいいけど、ローズムーアにもう一度行きたいです。


ハルディンのホームページ、ハルディン通信の一番下の方に、その頃の「英国庭園めぐり」が、まだ残っていました。懐かしくて、見入ってしまいました。やはり、イギリスの庭は素敵ですね。


追記・・・
イギリスで車を運転する場合、ロンドンには信号が多くありますが、田舎へ行くと、ほとんど信号がありません。ラウンドアバウトと呼ばれるサークルがあります。イギリスは右回りで、早く出る場合は外側を走り、最後の出口で出る場合は内側を走ります。地図上ではサークルを超えて直進だとしても、大きなサークルの場合、入ってしまうと、どの出口が直進なのか?分からなくなってしまうのです。分からなくなってしまったら、内側に入って、わかるまでサークルの中を回っていればいいのです。同乗者がいれば、助手席の人がナビ役をした方がスムーズに走れます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ガーデニング女子

Author:ガーデニング女子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。