FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンギングパンジーは、伸びて伸びて、枝垂れるパンジーです!

 今日はこの冬一番の寒さで、外の温度計は朝7時に4℃でした。天気予報の千葉県最低温度より実際はいつも低いです。すっかり冬のようになってしまいました。でも、前に紹介したセローシアと小菊の寄せ植えは、外にありますが、まだ元気です。多分霜が降りるまでは頑張ってくれるでしょう。

今回はヒューケラの特性一覧の前に、ハンギングパンジーを紹介します。

ハンギングパンジーは、カラーズ企画で3色のミックス植えで、伸びて垂れるタイプのパンジーです。寒い季節でも花が咲き続け、春にはさらに見事に伸びていきます。

今回、壁掛け用のハンギング鉢「ウォールジョイ」に植えてみました。

玄関前です。下のプラスチックのボールプランターは直径60センチある大型です。8ポット植えてみました。テラコッタの鉢の上に載せてあるので、垂れてきても大丈夫です。
ハンギングパンジー①


植えこんだのは11月5日で、今日で1週間経ったところです。
ハンギングパンジー②

用意するのは、壁掛け鉢の「ウォールジョイ」とカラーズのハンギングパンジーを5ポットです。
ハンギングパンジーAA

ウォールジョイの前面3カ所のフタを外して、用土を開いている窓の少し下まで入れておきます。排水の良い鉢なので、鉢底石を入れないで直接用土を入れて大丈夫です。
ハンギングパンジーB

ハンギングパンジーのポット苗は10.5センチです。ウォールジョイの窓は9センチポットに丁度よい大きさになっているので、パンジーの根鉢をくずして小さくしておきます。パンジーの根は強いので左の苗位小さくしても大丈夫です。右の苗がくずす前です。
ハンギングパンジーC

ポット苗用土は上の角を取り除き、黄変した下葉も取り、横の土もくずして5ポット用意しましょう。
ハンギングパンジーD

画像のように苗を持ち、根の部分を窓の中央の下に入れ込みます。
ハンギングパンジーE

フタの丸く開いている部分に苗を合わせ、下もツメの位置にフタを合わせます。
ハンギングパンジーF

フタと本体がしっかり合うように、上部のツメを押し上げて閉めます。
ハンギングパンジーG

同様に3ポット、植え込みます。
ハンギングパンジーH

上から見たところです。
ハンギングパンジーI

鉢の中で根の部分は斜めに下に下がっているので、下を持ち上げながら用土を入れて、苗全体がまっすぐになるように調整します。
ハンギングパンジーJ

用土を足して平にしますが、苗と苗の間に隙間があるので、用土を入れて割りばしなどで突き、空間がないようにしましょう。
ハンギングパンジーK
ハンギングパンジーL

上部に2ポット植えますが、横に垂れてくるように端のほうに植え付けます。中心が空いていますが、すぐ伸びて埋まってくるので大丈夫です。
ハンギングパンジーM

これで植え付け完了です。たっぷり水やりをして、数日間そのまま立てておきましょう。ウォールジョイは自力で立つ事が出来るのです。1週間位したら、トレリスや上記の画像のようなものにかけましょう。
ハンギングパンジーN

こちらは中心にグラスのスノードラゴンを植えました。
ハンギングパンジーO

3色入って伸びて垂れるタイプなので、豪華に咲き誇ります。ぜひ植えてみてください。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ガーデニング女子

Author:ガーデニング女子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。