FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の花 、おすすめ品種

 
 暑いですね。ここまで夏が暑くなると、今まで夏越し出来た植物もダメになってしまう物も出てくると思われます。初夏にきれいに咲いた花も、梅雨で傷んで、超高温多湿の夏では越せない可能性が出てきました。住宅街を通ると、南向きの家の植物は傷んでいますが、北向き、あるいは東向きの家の玄関前の花はきれいに咲いています。風通しさえ良ければ、午前中10時頃までは日当たりで、その後日陰になるような場所なら大丈夫だと思います。地植えなら、風通しの良い落葉樹の下ならOKですね。

と言っても、なかなかそういう場所がない場合は、夏の間は暑さに強い植物を植えたほうがいいかもしれません。現在、南西向きの花壇に植えてあり、元気に咲いている植物達を紹介します。


前面はカリチュニア「オートクチュール」です。強い日差しに負けない位の華やかさです。右側の方にはソラリナ・「ホワイトベール」を間に植えてみました。赤紫と白のコントラストが鮮やかです。後方も暑さに強い「雪華草」や大輪のエンジェルラベンダー「ビッグインディゴ」・「ビッグスノー」・「ビッグラズベリー」を植えてあります。
20130727AA.jpg



地植えに向くコリウスです。左から上面はゴールドで葉裏は赤い色の「ゴールドジャイアント」、赤の「レッドヘッド」・爽やかなライムグリーンの「ワサビ」です。3品種とも花芽がつきにくい種類です。「ワサビ」はライム色の葉なのに葉やけしにくく、生育がすごく早いので、少し前にだいぶ切り詰めたのですが、この通りすぐ大きくなりました。コリウス花壇は草丈が伸びすぎたものは切り戻しをしながら調整すると、バランスの良い状態を維持できます。
20130727B.jpg



ここでのオススメは「サンターナ・ゴールド」です。クマツヅラ科ランタナ属です。明るいビタミンカラーで爽やかな柑橘系の香りがします。暑さに強く、花付きもよいので夏花壇には絶対おすすめの植物です。秋まで長い期間咲きつづけます。黄色に合わせて、白い「雪華草」や紫のエンジェルラベンダー「ビッグインディゴ」を後方に植えました。前面のソラリナ・ホワイトベールもサンターナと似合います。
20130727C.jpg



宿根草花壇にも植えてある「アガスタチ・サマーサンセット」です。宿根草というと花期の短いものが多いですが、アガスタチは長い期間咲きつづけます。もし乱れてきても切り戻しをすると、また咲いてくる良い植物です。「サマーサンセット」はアガスタチの中で最も草丈が低く、40~50センチ位です。5月下旬から咲きだして、まだ切り戻しはしていません。素朴な花姿が気に入っています。
20130727D.jpg




コメントを寄せてくださった皆さん、本当にありがとうございます。きちんとしたお返事も差し上げず申し訳ありません。このブログを読んでいただき、植物を育てるための参考にしていただけたら何よりです。「農家のプロですか」との問い合わせですが・・・一応、苗を育てて 販売しているプロです。ただ、スイカやトマトなどの実取りのプロではないのですが、苗を販売している以上、どのように育てたらいいのか?実際に育てて、育て方の情報をお知らせしています。

例えば、小玉スイカのプランター栽培ですが、雑誌やテレビなどでは、空中栽培が提案されていますが、なかなか上手くいかず難しかったです。そこで、下の画像のようにプランターの前にブロックを置いて、その上にミニヨシズを広げて小玉スイカを栽培したら、案外上手く出来ました。それから毎年小玉スイカはこの方法で育てています。1プランターで3〜4個は収穫できます。ハクビシンやカラスに食べられなければ・・・ですが。
20130727E.jpg

暑いですが、植物を育てて愛でる気持ちは、忘れたくないですね。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ガーデニング女子

Author:ガーデニング女子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。