FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華やかなプリムラの寄せ植え プリムラポーラー6を使って


1月も下旬、大寒に入り今年は厳しい寒さが続いています。太平洋側地域では寒いですが、乾燥した晴天が続いています。日差しが日増しに強くなってきたようです。まだまだ外でのガーデニングには厳しい環境ですが、ベランダや玄関前だけでも華やかにしてみませんか。

今が植え時のプリムラの寄せ植えで、春を先取りしましょう。気持ちも明るくなります。
ちょっと変わった花色が入っているプリムラポーラー6を使った寄せ植えです。
ポーラー6寄せ植え

鉢は、先月ヒューケラの寄せ植えに使ったものと同じ9号の平鉢です。小さめの寄せ植えには使いやすいサイズですが・・・・プラ鉢にはめずらしく底が平らになっています。鉢底の孔はたくさん開いているのですが・・・
ポーラー6寄せ植え1

底が平らなので、水はけを良くするために軽石をひと並べ入れましょう。鉢底ネットはいりません。
ポーラー6寄せ植え2

鉢に6分目位の用土(市販の草花用培養土でOK)を入れ、この鉢に苗を周りに5ポット、中心に1ポット植えます。そのまま植えると、ややきつめなので、ポット用土をかるくつぶすようにします。根は触らないで、そのまま植えます。用土を軽くつぶした時に株元に上がってきた用土は取り除き株元をすっきりさせてから植えつけて下さい。
ポーラー6寄せ植え3

鉢が上に向かって開いているので、鉢に添わすように斜めに置きます。ウォータースペース(水代)分をあけて、ポット用土の位置を調整してください。苗を置いて、下過ぎる場合は用土を足しましょう。
ポーラー6寄せ植え4

同じように4ポット置いていきます。花色のコントラストも考えて置いていきましょう。4ポット置いたら、次に中心を先に植えます。中心が高めになるように植えるので、中心に一握りの用土を足しておきます。
ポーラー6寄せ植え5

次に中心に置く黄色のプリムラは、やや長めになるように細長く軽くつぶしましょう。
ポーラー6寄せ植え6


そして中心に置きます。
ポーラー6寄せ植え7

周りに植える最後のポットを置きます。そして、苗と苗のすき間に用土を入れて下さい。苗が低すぎた物は、引き上げるようにしながら調整して用土を入れ割り箸などで中に入るようにします。軽く用土を押さえて出来上がりです。
ポーラー6寄せ植え8

最後に水やりをして完成!花に水がかからないように横から入れましょう。水を入れる時、一ヶ所からではなく、ぐるり周り3ヶ所位から水を入れるとうまく水やりが出来ます。
ポーラー6寄せ植え9




管理で重要なポイント

・昼間は明るい日当たりの良い戸外が適しています。南向きの玄関前や軒下が最適。
(但し、日中の温度が5℃以上はあったほうがよいでしょう。)

・水やりは、鉢の横から入れて、花にはかからないようにかけて下さい。
 花に水がかかると、花ジミになりカビが発生しやすいので注意。雨にも当らないようにして下さい。

・夜間、マイナスになる地域では、夜は暖房のない室内に取り込んでおきましょう。
(夜間、戸外の温度が3℃以上ある地域なら、外へ出したままでOK。)
 霜にあたると、花が傷み、植物体そのものもダメになってしまう場合もあります。0℃以下にならないように注意して下さい。

・咲き終わった花は、花茎の元から切り取りましょう。
(1花1茎タイプの咲き方の場合は、株元から切り取る。茎が立ち上がって上部にたくさん咲くタイプでは咲き終わった花だけ取る。) 咲き終わった花をそのままにしておくと、カビなどの発生原因になります。


上手に管理すれば、5月頃まで楽しむことができます。ぜひ、お試しを!
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

あ、ヒューケラ花壇に雪が・・・

1月16日、ヒューケラの上に雪です。でも大丈夫、耐寒性はマイナス20℃前後あります。
ヒューケラ花壇に雪

今年の冬初めての雪、庭木も雪の綿帽子をかぶりました。
1月16日朝7時30分

こちらは、1月15日の早朝です。真っ白に霜が降りた朝のヒューケラです。
エレクトラ、冬でも赤い葉脈がきれいな品種です。
エレクトラ

オレゴントレイル、トレイル種の中でも冬の葉色が素敵な品種、秋グリーンの所はキャメル色になります。
オレゴントレイル

こちらは新品種のジンジャーピーチ、葉が波打つラッフルの葉です。それが霜に当ってとってもきれい!
ジンジャーピーチ

やっぱりヒューケラは冬も素敵です!


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ちょっとブレイクタイム 「ひば」の作り方

お雑煮にかける「ひば」の作り方を紹介します。
本当においしいので、ぜひ作ってみて下さい。ひば、ヒバ・・・は干した葉で、ひば?かも???
家庭菜園で大根を育てている方、あるいは新鮮な大根が手に入った時に作ってみて下さい。


新鮮な葉が付いた大根を用意します。葉の部分に大根の株元を少し付けて切り取り、汚れや傷んだ葉を取り除き、きれいに洗って日陰で風通しのよい場所へ下げて乾燥させます。(日向へ干すと葉が茶色になってしまいます。必ず日陰へ干して下さい。)期間は、3週間位必要です。もし、雨が降る場合は取り込んでおき、雨がやんだら干して下さい。画像の右のものは3週間位経っていますが、左はもう少し乾燥が必要です。
①陰乾し


次に、ガスコンロの火を強火にして、遠火にかざして、あぶるように乾燥させます。この時に近すぎると大根の葉が燃えてしまったり、茶色くなったりするので、じっくりと位置を変えながら乾燥させます。(これがなかなか難しいです。)
②火であぶる

チリチリになる位乾いたら、新聞紙を大きく広げてその上におきます。
③新聞紙を広げる

新聞紙の上で、手で揉んで細かくします。
④手でもむ

これで出来上がりです。一見、青海苔のようですが、海苔とは風味が全然違います。
⑤ひば完成

これをお雑煮に上に、たくさんたくさんかけて頂きます。それはそれは美味ですよ。大根の葉なので消化がよくお餅との相性は抜群です。沢庵の上にかけてもおいしいです。
⑥お雑煮にかける


前に、火であぶるのが大変手間がかかるので、電子レンジで乾燥させてみました。いい感じに乾燥ができて、電子レンジを開けた時、とってもよい香りがして、今度からこれで作ろうと思ったのです。が、主人も娘も・・・「これ、何?全然おいしくないよ。」と言うのです。食べてみたら、味も素っ気も無く香りもしないのです。電子レンジの中で味も香りもみんな飛んでしまったようです。次の時に火であぶって、いつも通りに作って出したら、「これ、これ、この味だよ。」と言うのです。やはり、手間を惜しんではおいしいものはできないんですね。

もっときれいな緑色を出すために、一度熱湯にくぐらせてから干してみようと思っています。(熱湯に入れるときれいな緑色になります。)ただ、その時に葉色だけでなく味や香りがどうなのか?とにかく実験?してみます。


お雑煮用の小松菜は、おばあちゃんが家庭菜園で作ってくれたので、新鮮な小松菜がたくさん食べられました。
庭の畑の小松菜
小松菜の向こうはほうれん草です。寒い時期でも日中の暖かい時間帯は、畑を耕したり草取りをしています。おばあちゃんはすごい!

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ヒューケラ冬の葉色

 
明けましておめでとうございます。
あっという間に1月も8日になってしまいました。
最近は気ぜわしくお正月らしい気分もなくなってきましたが、田舎なのでお正月の風習はきちんと行っています。

お雑煮は地域によってだいぶ異なるようですが、我が家のお雑煮は、すまし汁仕立てで、具は鶏肉と小松菜だけのシンプルなものです。その上に 「ひば」をかけて完成です。「ひば」とは大根の葉を北側日陰の風通しのよい所へ干しておき、乾燥したものを火であぶってもんだ物です。とってもおいしく香ばしい香りがしてお雑煮にはこれが無くてはならないものです。

ところで、ヒューケラの冬の葉色をご覧下さい。11月上旬の品種と配置をそっくり同じに置いたものです。葉は霜に当たる戸外に置いてある鉢から取りました。下の方の葉か、上の方の葉か、位置によって葉色は異なりますが、丁度中間位の位置の葉を取りました。(ここ千葉県北西部は千葉県でも一番寒い地域で、今までに最低気温がマイナス3℃前後の日が数日ありました。)
1月8日ヒューケラ冬の葉色
一つだけ多いのは、下段右端はオレゴントレイルです。同じトレイルでも左のカスケードクリーパーの葉色とはだいぶ違います。

こちらが11月上旬のブログに載せたものです。
11月4日ヒューケラの葉色
やはり、きれいさという点では10~11月のほうが断然上ですが、品種によりこんなに変化するのか・・・というものもあります。上から2段目右端は、ゴールデンゼブラです。11月はイエローだった部分が赤くなっています。全体的には葉色は濃くなっていますが、品種によりそれほど変化しない品種もあります。季節による葉色の変化もヒューケラの楽しみのひとつです。

もう一度品種名を書いておきます。上段左から、シュガー&スパイス・スィートティ・オブシディアン・ライムリッキー・オータムリーブス・レーブオン 2段目左から ミントジュレップ・シャンハイ・ミダスタッチ・エレクトラ・タペストリー・ゴールデンゼブラです。3段目左から、ジョージアピーチ・シナバーシルバー・ミッドナイトローズ・パリ・ファイヤーチーフです。一番下左から、キモノ・ベリースムージー・キャラメル・カスケードクリーパー 1月の物はとなりがオレゴントレールです。


この寄せ植えも12月下旬に撮影したものです。下の10月に撮影した物に比べてだいぶ変化しています。ライムリッキーはライムから黄色に、エレクトラの葉脈はクッキリと赤くなっています。
12月下旬撮影


こちらが10月下旬に撮影したものです。
10月23日ヒューケラ大プランター

ヒューケラは、年間を通して楽しめる植物です。葉色の変化を楽しんでください。
これからもいろいろな寄せ植えを紹介していきますのでお楽しみに!

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ガーデニング女子

Author:ガーデニング女子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。