FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花は美しい


 今年一番の寒さになりました。今朝、車のガラスはカチカチに凍っていました。でも、今年は全体的には暖かいのか?軒下のペチュニアは、まだ青々としています。日当たりの良い戸外にあるペチュニアも花は咲いていませんが、元気です。ヒューケラの葉は寒さ焼けで茶褐色になっている物は多いですが、ヒューケレラ・ゴールデンゼブラは赤味を帯びて趣のある葉色になっています。


先日、お花をいただきました。その美しい花色に、うっとりと、しばらく眺めていました。
20170108.jpg



20170108A.jpg



20170108B.jpg
お世話になった先生が、しばらく前におっしゃていました。野菜は体の健康に良いが、花は心の健康に良いと。確かに花を眺めていると、何も考えず、無心に、ただただ、やさしい気持ちになれました。

花を眺めて、また、明日からがんばろう!と思いました。
スポンサーサイト

サツマイモのプランター栽培・焼きイモにしました。


10月に収穫したサツマイモ、新聞紙にくるんで、発砲スチロールの箱に入れ、暖房のない室内で保存しておきました。2ヶ月過ぎたので、追熟して美味しくなったかなあ・・・と思って焼きました。

170~180℃のガスオーブンで50分、太い物は60分焼きました。今回はアルミホイルな,どに包まず、そのまま焼きましたが、包んだ方が水分が多く、しっとりと焼きあがりそうです。1〜2本焼く場合は、アルミホイルに包んで、オーブントースターの中温位で60分焼いても上手く焼けます。(我が家のは15分タイマーなので、4回でちょうど良く出来ます。)

焼く前の画像です。左と上は「ベニアズマ」、中ほどは「安納いも」、右は「べにはるか」です。「べにはるか」が一番赤味がかっています。
20161227A.jpg



焼いた後の画像です。こんなに色が変わるんですね。同じ場所で撮りました。
20161227B.jpg


あなたは、ホクホク派?ねっとり派?
焼イモは品種によって、だいぶ食味が違います。
ホクホクとしておいしいのは・・・「ベニアズマ」や「なると金時」
ねっとりとして甘いのは・・・「べにはるか」と「安納いも」です。


これは「ベニアズマ」。ホクホクしているのがわかります。
20161227C.jpg



「安納いも」は、ややオレンジ色っぽいです。ねっとりしています。
20161227D.jpg



「べにはるか」、一番甘みは強いようです。ねっとりして美味しいという評価が多かった品種です。
20161227E.jpg



「安納いも」が一番甘いかなと思っていたら、それほどでもありませんでした。もう一ヶ月位経ってからの方がよさそうです。私はホクホク派ですね。「ベニアズマ」が一番好きです。
20161227F.jpg


焼きイモの人気が高く、生のサツマイモと同じ位?売れているそうです。来年は、畑がなくてもプランターで育てて、焼きイモをしてみませんか。


「ひば」を作っています。


寒い寒いと思っていたら、先日は季節外れの暖かさ、何て気まぐれな天気なのでしょう。「ひば」を干していますが、強風と雨が降り出し、急いで干してある大根葉を取り込みました。

数年前にも「ひば」の作り方をブログで載せてあり、その時の出来上がりの画像があったので、載せてみました。


右はOK、左はもう少し干したほうがよさそうです。
①陰乾し



干しあがったら、ガスの直火で炙って(強火の遠め)カラカラにします。昔は庭で七輪で炙った記憶があります。フライパンを熱しておき、火を止めて紙を敷き、その上にしばらく載せておいても乾きます。直火では燃えてしまい上手くいかない場合があります。
②火であぶる




③新聞紙を広げる
乾いたら、新聞紙の上に置き、手で揉んで細かくします。
④手でもむ


これで「ひば」の出来上がりです。
⑤ひば完成



お雑煮にタップリかけて食べます。風味が良くて、それはそれは美味しいです。
⑥お雑煮にかける

沢庵や白菜の漬物にかけてもおいしいです。



お正月のお雑煮に何をかける?わが家は「ひば」です。


お正月のお雑煮は、日本各地で様々です。我が家では昔から醤油仕立てで、具はシンプルに小松菜と鶏肉だけです。その上に「ひば」をタップリかけて食べます。「ひば」がないとお雑煮ではない、と家族は言います。

「ひば」とは、大根の葉を乾燥させて、細かくした物です。

・12月上旬から中旬に作り始めます。
・新鮮な葉が付いた大根を用意します。
・汚れや傷んだ葉を取り除き、キレイに洗って、葉がバラバラにならないように、大根の株元を少し付けて切り取ります。
・日陰の風通しの良い場所へ吊るして干します。期間は2〜3週間位です。
(雨が降った時は、取り込んでおき、止んだら又干して下さい。)



少し遅れてしまいましたが、本日乾燥を始めました。大根としては細めですが、新鮮な葉がたくさん付いています。
20161216A.jpg



葉がバラバラにならないように、大根の株元を付けて切り取りました。
20161216B.jpg




日陰に干します。日当たりがいいと、葉色が茶色っぽくなり、仕上がりがよくありません。家の北側にロープを張って、ここに吊るしました。朝陽が少し当たりますが、殆どの時間は日陰です。風通しも良く、干すにはいい場所です。お正月迄ここに置きます。(雨の日以外は)
20161216C.jpg
「ひば」を作るには、12月の今が一番適した時期です。11月では大根の葉まだ小さく、寒風が吹かないので、きれいに仕上がりません。又、1月になると寒さで葉が傷んでしまうのです。

葉が付いた大根はなかなか売っていません。スーパーの大根は殆ど葉が付いていませんが、直売所や道の駅などでは葉付き大根がある時があります。家庭菜園で大根を育てている方はおすすめです。今回は近所の農家の方に頼んで分けて頂きました。出来上がったら、また載せます。

葉付き大根が手に入ったら、ぜひ作ってみて下さい。「ひば」だけでなく、大根の葉を軽く塩ゆでして細かく刻んで、少し塩を足してご飯に混ぜて、おにぎりにすると、とっても美味しいです。


ハートのペチュニア「アモーレ」来年植えてほしいペチュニアです!

 
いつの間にか冬になってしまいました。今年の秋はあったのかなあ、ほんとに短かったなあと思っていたら、天気予報でこんな事を言っていました。いつからいつまでが秋なのか?という定義が一応あるそうです。それがすべてではないそうですが、以下のような話でした。

秋の始まりは最後の真夏日の翌日で、秋の終わりは最低温度が一桁になった日までだそうです。ちなみに東京では最後の真夏日が10月6日で、最低温度が一桁になった日は10月29日だそうです。すると、今年の秋は23日位しかなかった事になるそうです。通常なら50日前後はあるらしいので、今年の秋がいかに短かったか、という事です。園芸を楽しむ方々にとっては残念な気候でしたね。

今年の流行語大賞のトップテンに「アモーレ」が入りましたが、来年新発売のペチュニアにアモーレという品種があるのです。花びらにハートの形が浮かび上がる素敵なペチュニアです。赤と黄色でちょっと派手めですが、庭やコンテナに植えると、華やかで明るくなります。渋い色合いも素敵ですが、花にとって華やかさも重要な要素ですね。



アモーレ!
花びらにハートが5つ、浮かび上がるのです。
20161212A.jpg
ハートの形って、見ていると、何となく幸せな気分になれそうです。



お庭で、ベランダで、咲かせて下さい。
こんなに華やかに咲き誇ります。
20161212B.jpg
このペチュニアの正式名称は・・・ペチュニア アモーレ クィーンオブハート といいます。ハートの女王です。


実は11月下旬から風邪をこじらせて、すっかり体調をくずしてしまいました。ここでやっと回復したところです。寒くなりましたので、皆さんもくれぐれも体には気をつけて下さいね。
プロフィール

ガーデニング女子

Author:ガーデニング女子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。